ブログトップ | ログイン
カテゴリ:おすすめ研修( 97 )
【おすすめ研修】女性社員の次なるステップを推進する! 
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社の入江でございます。

年度末の忙しい時期ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

4月に新人を迎えるにあたり、受入れ準備も大変ですが、
職場の雰囲気も少し変わるので、今から楽しみです。

b0040710_1117053.gifb0040710_1117053.gif

さて本日は、最近お問い合わせが増えている
女性の活躍推進に関するプログラムをご紹介いたします。
首相秘書官に女性が起用されたり、なでしこ銘柄が発表されたり、
官民問わず、今 注目されているテーマです!

皆さまご承知のとおり、
女性が継続して活躍できる環境の整備は、急務となっております。
また、管理職全体に占める女性の割合は、
他の先進国の平均が約3~4割であるのに対し、
日本は圧倒的に低く(2011年度厚労省調査で8.7%)、
女性リーダーの育成も喫緊の課題といえます。

女性の活躍推進を妨げる3つの要因
女性の活躍を推進していく上で妨げになっている要因は、
以下、大きく3つあります。

 1.上司・同僚の意識と環境
 2.女性自身の意欲
 3.自信・スキルの不足

これらの要因について、
様々な対策を講じていくことが、
女性活躍推進の第一歩となると考えられます。
b0040710_11184932.jpg
求められる職場の意識改革と環境整備
特に管理職には、
時短・育休などの制度を利用する社員に対し、
本人も周りの方々も心地よく働ける、
職場の環境づくりを進めることが求められます。

具体的には、
女性メンバーに対する支援方法や、
多様化する働き方に対応した仕事の割り振り方、
評価方法などを学ぶことが重要です。
さらに、職場全体においても定期的に教育機会を創出して、
取組みを支援していく必要があります。


女性管理職の登用率や、
時間勤務などに対する職場理解の浸透度などは
組織によって異なった状況や段階があるかと思われます。

弊社では、「お客さまの現状」に合わせて、
目標とのギャップを埋めるための研修を提案いたします。
是非、本プログラムを、
ダイバーシティの推進や女性の活躍推進のために、お役立てください!

b0040710_1117053.gifb0040710_1117053.gif

女性向けのおすすめ研修はこちら↓
女性リーダー研修(1日間)
キャリアデザイン研修~女性の活躍・キャリア開発を促進する編(1日間)


また、お一人からご参加いただける公開講座でも、
女性向けの研修もご用意しております!
【公開講座】女性リーダー研修~スキルアップ編
【公開講座】女性リーダー研修~コミュニケーション能力向上編(1日間)
ぜひ合わせて、ご覧くださいませ。

その他、弊社では、
お客さまのご要望に応じて、実践的な研修を実施しております。
もしご要望や課題がございましたら、遠慮なくご相談くださいませ。

by insource | 2014-03-18 12:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】OJTを行ううえで大切な3つのポイント!
いつもお世話になっております。
インソース東京本社営業部の杉下です。

寒冷身に染みる2月ですが、
実はこの時期、OJT研修がホットなんです!
またインソースのOJT研修は、
年間受講者数が17,283名にものぼる人気研修の一つ。

今回は、新人を迎える前の準備として、
弊社おすすめのOJT研修をご紹介いたします。

b0040710_14103724.gifb0040710_14103724.gif

■OJTを行ううえで大切な3つのポイント

1.OJTの意義を理解する
いざOJT担当者を任されると、
「自分の業務が圧迫されそうで不安だ・・・」
「ただでさえ忙しいのに」
と、後ろ向きに捉えてしまう方もいます。

しかし、OJTは管理職になる前のいわば予行練習であり、
組織力をアップする前向きな仕事です。
そこでまずは、OJTの意義をしっかり理解することが大切です。


2.事前準備・育成計画をたてる
ただ漠然と業務を教えるだけでは意味がありません。
OJT(=人材育成)のポイントはPDCAですので、
自立した新人を育てるためには、育成計画が不可欠です。

具体的には、
(1)いつまでに何をできるようにさせるか
(2)誰に何を指導させるか
の2点を軸に、育成計画を策定します。

特に、(2)は見落としがちなポイントです。
OJT担当者は1人で新人育成をするのではなく、
各業務ごとに指導適任者をコーディネートすることも重要な仕事です。
b0040710_14172435.jpg
3.現場における指導育成スキル
指示を出す・ホウレンソウを受ける、褒める、叱るなど
現場における指導育成スキルを学びます。
特に最近は、
ほめる・叱るが上手くできないという悩みをよくうかがいます。


インソースのOJT研修は、
OJT指導者としての役割認識や育成計画の立て方、
効果的な褒め方・叱り方を、1日で学んでいただけます!

本研修のカリキュラムは以下の通りです↓
b0040710_13414698.png
その他、詳細につきましては、
OJT研修~部下指導編(1日間)からご確認くださいませ!

また、3か月~半年後のOJT担当者向けの
フォローアップ研修として、こちらもおすすめです。
コーチング研修~基本編(1日間)
OJTフォローアップ研修~部下とのコミュニケーション編(1日間)

b0040710_14103724.gifb0040710_14103724.gif

その他にも、OJT研修に関して
多数ラインナップをご用意しております↓
OJT研修 ラインナップ
また、1名様からご参加いただける公開講座もございます。
【公開講座】OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insource | 2014-02-24 09:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】「リーダーの意識改革」と「部下指導・育成力向上」を実現する!
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社営業部の中山でございます。

早いもので、もう2月も半ばになりました。
皆さまは新人研修の準備などで、お忙しい時期かと思います。
また、これからは異動の時期を迎え、
組織のメンバーが入れ替わるタイミングになりますね。

本日は、組織を引っ張るリーダーを育成するための研修として、
変革リーダー養成研修をご紹介させていただきます。

b0040710_1114734.gifb0040710_1114734.gif

変革リーダー養成研修は、
新任及び現任管理職の方を対象に
現状の把握と役割の理解や
変革リーダーに必要な仕事力・人間力の強化を
目的として実施することが多い研修です。


■以下のようなお悩みをお持ちのお客さまにおすすめです

・リーダーが日常の業務が忙しく、自分の事で手一杯である
・そもそも管理職としてのマネジメントができていない
・組織環境及び外部環境の変化を把握できていない、
 また、それら環境の変化に対応できない


■受講者の皆さまの知りたいことをプラスできます

研修では、
変革リーダーに必要なスキルの取得や強化だけでなく、
受講者の皆さまの知りたいことを取り上げる必要があります。

そこで実際に、事前に受講者の皆さまへ、
リーダーとして必要な能力は何だと思いますか、と伺うと、
“日常のコミュニケーション力”という回答を多くいただきます。
b0040710_1129049.jpg
具体的には、以下の2パターンを想定されているようでした。

1.リーダーがメンバーとコミュニケーションを積極的に行い、
  働きやすい環境にさせる
2.グループ内でのコミュニケーションを活発にし、
  チームワーク良く、お互いに高める仕事をさせる

このような場合は、
管理職に求められるコミュニケーションとして、
研修テキストに、
「ミドルアップ・ミドルダウン(中間管理職発信型)」の内容を
追加することもあります。

この内容を追加することで、
具体的なコミュニケーションの取り方を理解でき、
リーダーとしての視野が広がります。
また、経営層の視点で物事を見ることができるようになります!

具体的に、本研修のカリキュラムは以下のようになっています↓
b0040710_1184114.png
その他、詳細につきましては、
変革リーダー養成研修~実現力強化編(1日間)から、
ご確認くださいませ!

研修プログラムはあくまでも一例でございます。
ご要望にあわせてアレンジが可能ですので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

b0040710_1114734.gifb0040710_1114734.gif

その他にも、多数ラインナップをご用意しております↓
リーダーシップ研修 ラインナップ
また、1名様からご参加いただける公開講座もございます↓
【公開講座】変革リーダー研修~リーダーシップ強化編
ぜひ合わせてご覧くださいませ。


by insource | 2014-02-18 09:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】新作!2014年新入社員向け研修のご紹介!
いつも大変お世話になっております。
インソース営業部の金井でございます。

アッという間に年も明け、
新しい年度、2014年度まで残すところ2か月を切りました。
新年度といえば、
ビックイベントの一つに、新入社員研修があるかと存じます。
皆さま、ご準備はいかがでしょうか?

新入社員研修は例年、「マナー」+「α」
研修を構成されるお客さまが多数いらっしゃいます。
今回ご紹介したいのは、
上記の「α」に値する マナー以外の必要な研修です。

2014年新入社員の傾向や
問題点を解消するための研修テーマごとにご紹介いたします!

b0040710_1022247.jpgb0040710_1022247.jpg
<新人の傾向 ~その1>
 ◎ 場を踏まえた人間関係の構築が苦手
 ◎ コミュニケーションに不安を感じている


上記のような新人の方には、
「コミュニケーションのとり方」を教えます。
職場でのコミュニケーションとは何か?
それは、ホウレンソウです。

また、インソースが考える
主体的なコミュニケーションとは以下の3つです。

(1)仕事の目的を理解する     
(2)自分の仮説を持てる     
(3)上司・先輩の判断を助けられる

新人研修といっても、
基本的なコミュニケーションスキルを学ぶだけでは、
不十分だと考えます!

詳細はこちらから↓
コミュニケーション研修~デキる「報・連・相」編(1日間)
b0040710_1023130.jpg
<新人の傾向 ~その2>
 ◎ 考える力が不足している
 ◎ 議論するのが苦手


上記のような新人の方には、
「論理的に考える力、伝える力」の習得が必要です。
実際に研修では、
自身の考えを持ち、相手が納得できるように伝えるスキルを
段階に分けて学びます。

受講後には、意識すべきことを踏まえ、
ロジカルに伝えることができるようになります。

詳細はこちらから↓
新人向けロジカルシンキング研修(1日間)

b0040710_1022247.jpgb0040710_1022247.jpg
2014年のコンセプトは
“チームの一員として仕事のできる新人を育成する!”

ここ数年、新人に対して
自立性・主体性を求める傾向が続いています。
そこで今年は、そんな皆さまのニーズに合わせて、
上記コンセプトの新人研修を作成いたしました。

多数ラインナップをご用意しておりますので、
ぜひご覧くださいませ!
新人研修 ラインナップ
また、1名様からご参加いただける公開講座もおすすめです。
【公開講座】新人研修 ラインナップ

by insource | 2014-02-04 10:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】評価はマネジメントの総合力が問われる!
いつも大変お世話になっております。
インソース営業部の小林でございます。

年明け1月から3月は、
初めて評価を行う新任管理職の方や
既存の管理職の方に対する評価者研修の実施が
非常に多い時期です。

そこで、本日は
年度末や新年度初めの評価及び、面談に向けておすすめの
評価者研修をご紹介いたします。

b0040710_11245660.gifb0040710_11245660.gif

評価者研修~基本編(1日間) ※半日でも可
初めて評価を行う方や
評価経験が無い、もしくは経験が浅い方(昇任された管理職の方など)
が主な対象です。
 
【内容】
・評価を査定だけではなく、
 部下の育成ツールとして活用する意義を理解する
・評価エラーや評価の仕方のポイントを理解する
・根拠を具体的に示しながら、評価面談の基本を理解する


評価者研修~目標管理力と人事評価力を育成する編(1日間)    ※半日でも可
期初の目標設定や、目標達成に向けての
部下支援の仕方に課題のある(感じている)方が
主な対象です。(現任管理職や管理職の経験が長い方に起こりがちです)
  
【内容】
・組織のミッションを、
 「部門⇒部署⇒個人」の順にアウトブレイクさせ、
 ミッションの達成を確実にする方法を理解する
・部下に目標を立てさせることでゴールを明確にし、
 日々の行動レベルを上げる方法を知る
・部下の目標達成をサポートする重要性と方法を理解する
b0040710_11252293.jpg
被評価者研修~目標設定編(半日間)
目標制度があるすべての被評価者の方が主な対象です。
(特に20代~30代前半の方に受けていただくことが多いです)
   
【内容】
・組織や部署の方針とリンクさせた目標設定を行う意識をつける
 (組織的に物事を考える意識をつける)
・あいまいな表現(しっかりと、きちんと、すべて等)ではなく、
 できるだけ定量的な目標設定を行うためのポイントを理解する


面談研修~面談時のコミュニケーション編(1日間) ※半日でも可
評価結果のフィードバックが効果的に行われていない組織や、
納得性の高い評価が行われていない組織が主な対象です。
(部下とのコミュニケーションが苦手な管理職の方にもおすすめです)
   
【内容】
・評価の根拠など評価面談の意義を理解する
・評価面談の流れを理解する
・面談における効果的なフィードバックの仕方を理解する

b0040710_11245660.gifb0040710_11245660.gif

その他にも、実績のある多数のカリキュラムや
公開講座もございます↓
評価者研修 ラインナップ
【公開講座】評価者研修

なお、今回のタイトルにあります
「評価はマネジメントの総合力が問われる」は、
私の上司の持論でございます。
評価を行う上では、
様々なマネジメントの能力が試されるという意味です。

評価のご提案に伺う際には、
よく管理職の方の課題などもお聞きして
マネジメントの研修も一緒にご提案させていただいています。
是非、マネジメント研修もインソースにお声掛けください。

by insource | 2014-01-28 10:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】昨年は17,283人が受講! 効果的な新人育成の手法を学べるOJT研修☆
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社の新宮でございます。

あっという間に吐息が白くなり、
今年も残すところ、あと数週間となりました。
インソースでは、
来年の春入社する内定者が、せっせとアルバイトをしています。

先日、提案書を印刷してくれた内定者から訊かれました。
「ホッチキス止めにしましょうか?」
急いでいたので「このままで大丈夫!」とだけ答えました。

後になって、
「プログラムを並べて見比べられるからクリップ止めにしている」
と、理由を一言添えればよかったと思いました。
忙しいからとつい省略してしまい、少し反省しています。


4月からOJT担当になる方は、新人育成でぐっと忙しくなります。
今回は、今の時期におすすめの
効果的な新人育成の手法を学ぶOJT研修をご紹介します!

b0040710_1024750.gifb0040710_1024750.gif

17,283人が昨年受講!毎年受講者が増えています

人気の理由は、意図的に育てる手法を学べる点です。
担当者がひとりで奮闘するのではなく、
チーム全体で戦略を立てて、計画的に新人を育てます。


研修中に育成計画ができあがります!

いきあたりばったりではなく、
“なって欲しい姿”や“習得すべき項目”から
逆算して計画を立てます。
いつ・だれが・何を・どのように教えるか、
詳細に記述していただきます。
b0040710_1015288.jpg
階層ごとにOJT研修があります!

新人育成とひとことで言っても、
実際に指導する方もいれば、指導する人をまとめる方もいます。
それぞれに役割が異なるため、
インソースでは、階層別にプログラムをご用意しました↓
OJT研修ラインナップ
1名様からご参加いただける、公開講座もございます!
【公開講座】OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

b0040710_1024750.gifb0040710_1024750.gif

みなさまのご要望・お悩みに応じて
カスタマイズすることも可能でござますので、
ぜひ一度ご相談くださいませ!

by insource | 2013-12-23 09:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】小さな自信であなたのプレゼンテーションが大きく変わる!
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社 営業部の石田でございます。

突然ですが、年末や年度末に向けて
1年間の成果を会議で発表したり、
上司へ報告したりする場面が増えているかと思います。
そんな状況の中、
人前で話すことに苦手意識を抱いてお悩みの方、
多くいらっしゃるのではないでしょうか。


そういった背景もあり、
このところ、プレゼンテーション研修のご相談を
よくいただくようになりました。

「プレゼン? 別に商品説明なんてしないよ!」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
インソースのプレゼンテーション研修は、
会議での発表や上司への報告など
日常的な場面にこそ“効く”秘密があるのです。

b0040710_11334927.gifb0040710_11334927.gif

■プレゼンテーション研修の3つのポイント

1.伝える内容
 とにかく端的に内容をまとめることが重要です。

2.伝える姿勢
 ビデオを見ながら、自分の話すクセを見つけましょう。
 意識をすれば、そのクセを改善できます。

3.伝えるために必要な準備
 とにかく事前練習が重要です。
 練習を重ねることで自信をもってプレゼンテーションに臨めます。
b0040710_11422946.jpg
■プレゼンテーション研修受講者の声

ここまで言い切ってしまうと、
「本当かな?」と疑ってしまう方もいらっしゃると思いますので、
実際に受講した方の感想をご紹介します!

・ビデオで客観的に見ることができて良かった。プレゼンの練習を繰り返すことで力がついたと思う。自信がついた。

・講師や他の受講者から、自分のプレゼンの改善点を指摘してもらったことで、どこを改善すべきかが明確になり、1日の研修の中で大きく改善する事ができた。

・プレゼンテーションの演習ということで緊張しましたが、苦手意識がなくなり、自信が持てた。

b0040710_11334927.gifb0040710_11334927.gif

練習を繰り返し、実際に演習を行うことで、
必ず良い発表をすることができ、
またプレゼンテーションに対する自信へとつながっていくので、
受講者の皆様に大変 好評をいただいております。

また、インソースでは、
通常のプレゼンテーションに留まらず、
受講者ニーズにあわせたラインナップをご用意しております。
プレゼンテーション研修 ラインナップ
また、1名様からご参加いただける公開講座もございます!
【公開講座】プレゼンテーション研修

なお、講師についても
若手~管理職まで、幅広く指導できる講師陣を揃えています。
プレゼンテーション研修をご検討の際は、
ぜひ一度、インソースまでご相談くださいませ。

by insource | 2013-12-16 15:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】よくあるミスを防ぐのは、「意識」ではなく「仕組み・しかけ」!
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社 営業部の阿部でございます。

寒くなってきたなと思っていたら、
あっという間に年末を意識する時期になりましたね。
今年も残りわずかとなり、
次年度に向けてのご準備でお忙しいのではないでしょうか。


さて、今回は、
お客さまとの会話の中で最近よく話題となっている
“ミス防止”をテーマにお話させていただきます。

b0040710_11324837.jpgb0040710_11324837.jpg


このところ、階層・部署を問わず
以下のような お悩みの声を伺います↓↓

・日々よくあるミスだが、仕事の繁忙期となると特に大きなトラブルにつながりやすい。また、更にそれが日常業務を圧迫してしまい、悪いスパイラルからなかなか抜け出せない。

・顕在化しているリスクにもかかわらず、対策が打てていない。

そもそも この“よくあるミス”という認識自体が、
ミスにつながる大きなリスクであると言えるのではないでしょうか。


仕事の効率化やコスト削減は、今更いうまでもなく重要ですが、
これを実現するためには、
ミスを“よくあるミス”と軽く捉えずに、
認識を改めてしっかり向き合う必要があります。

そもそも、人はミスを犯すもの。
人を責めても、根本的な解決には至りません。
本研修ではそのことを踏まえ、
ミス防止のための仕組みとしかけを徹底的に考えていただきます。

 具体的には・・・
  ◆ミス防止の考え方
  ◆仕事の流れの見直し
  ◆適正なチェックの仕方
  ◆ミス防止のための仕組みとしかけ

これらの考え方を学び、
実際に仕事の中に潜むリスクを洗い出します。
重点的に押さえなければならないことは何なのか、
その優先順位を考え、ミスを防止するしくみを
仕事の手順の中に入れ込んでいただきます。
b0040710_11344549.jpg
■研修中に、職場の業務改善ができる!

職場ですぐに活用できる業務改善策を持ち帰っていただける点が、
多くのお客さまにご支持いただいている理由です!

1日間での実施も可能ですが、
職場に戻って計画を実践していただき、
その後しっかりとフォローアップ研修を行うことをおすすめします。

なぜなら、計画の進捗を振り返り
改善が成功した点については職場内で共有し、
改善が成功していない点については、
原因は何かを再度考察する必要があるからです。
再度考察して見出した改善策は、
具体的な計画に落とし込んでいただくようになっています。

一度 PDCAサイクルを研修の中で実践することで、
次のアクションにつなげ、
仕事の中に業務改善を根付かせることを目指します。


本研修のカリキュラムは以下のようになっています↓↓
b0040710_10544090.png
⇒その他 詳細につきましては、
オペレーションミス防止・事務ミス防止研修からご確認くださいませ!

上記研修の他にも、リスクマネジメント研修として
豊富なカリキュラムをご用意しております。
リスクマネジメント研修 ラインナップ

また、1名様からご参加いただける公開講座もございます↓
【公開講座】リスクマネジメント研修
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insource | 2013-11-27 12:17 | おすすめ研修
【おすすめ研修】ちょっとしたきっかけを逃さない。営業としての総合力アップ!
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社の深瀬でございます。

突然ですが、
皆様が仕事の中で一番時間をとられることは何でしょうか?
もちろん様々だとは思いますが、
共通しているのは『 打ち合わせ 』ではないでしょうか。

そんな打ち合わせの場面において、
例えば営業の方であれば、
お客さまから当初想定していなかったご要望を
急にいただくことがあるかと思います。

b0040710_11292587.gifb0040710_11292587.gif

私も経験がありますが、
準備不足の時は、急なお客さまのご要望に対応することができず、
行き当たりばったりな対応や偏った質問をしてしまい、
結果として上手く提案に結び付けられないことがあります。

しかしながら、
お客さまからお話を直接聴ける機会は最大限に活かし、
どんなご要望がきても、うまくヒアリングすることで、
しっかりと提案に結び付けていきたいものですね。

そこで今回は、
そんな打合せや商談の際にお客さまのニーズを掘り起こし、
自社の商品を提案できるようになるための
営業研修をご紹介します!
b0040710_11551942.jpg
■営業研修~新規営業開発編■
ソリューション営業・コンサルティング営業職の方を対象に
ヒアリング力”を向上させるのが目的です。

「多面的に顧客ニーズを捉えた提案が苦手」
「一歩踏み込んだ提案がなかなかできない」
など、提案に関わる問題の多くは、
ヒアリングがポイントになっています。

そこで本研修では、お客様が表現したニーズだけでなく、
十分なヒアリングを行えるようにするための
視点とスキルを養います!

カリキュラムは、以下のようになっております↓↓
b0040710_9475292.png
⇒その他 詳細につきましては、
営業研修~新規営業開発編からご確認くださいませ!

b0040710_11292587.gifb0040710_11292587.gif

営業向け研修につきましては、
その他にも多数カリキュラムをご用意しております↓↓
営業研修 ラインナップ
また「提案力向上」にフォーカスした新作研修もおすすめです!
提案力向上研修 ラインナップ

1名様からご参加いただける公開講座もございます。
【公開講座】営業研修 ラインナップ
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insource | 2013-10-11 10:39 | おすすめ研修
【おすすめ研修】自ら気づき、自ら改善・強化できる人材になる!
いつもお世話になっております。
インソース東京本社の西澤でございます。

今年の夏は、例年にない猛暑だったので、
涼しくなってきた今、
体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

ところで、
夏は夏バテして、食欲が減るとよく言いますよね。
ただ私の場合は、食べる事が好きなので、
どんなに暑くても、食べる量が減る事はまずありませんでした。
ところが、今年の夏はさすがに、
いつも食べているお弁当の個数が、2個から1個になりました(笑)

食べる量が減ると、体調が悪くなるかと思いきや、
むしろ体が軽く、外回りにより邁進できた気がします!

b0040710_1027247.gifb0040710_1027247.gif

さて、ここ1か月の間で、
来年度の新入社員研修についてのお問い合わせが増えてきています。

気持ち新たに入社する新入社員をはじめ、若手社員の方々の
社会人としての基礎づくりをお手伝いできるような
充実した研修を提供したいと考えております。

何かご検討されているものがございましたら、
ぜひお問合せくださいませ!!

b0040710_1027247.gifb0040710_1027247.gif

■若手社員のモチベーションを高める

研修担当の方からよく伺う悩みとして、以下の内容が挙げられます。

「新入社員が3年以内で離職しない様に…」

せっかく入社してくれた若手社員には、
モチベーション高く仕事してもらいたいですよね!
部下のモチベーションを上げるため、
「明日から仕事で使ってみよう!!」
と思えるスキルを身に付ける事が、手段の一つとして挙げられます。

そこで、おすすめなのが3年目研修~自立を促進する編です。
本研修では、
“今までのキャリアの棚卸” “ソーシャルスタイル”
の2点にポイントを絞って説明いたします。

“ソーシャルスタイル”については、
人間の性質を次の4つのタイプに分けて考えます。

1 アナリティカル (分析的)
2 ドライビング (行動的)
3 エミアブル (協調的)
4 エクスプレッシブ (感覚的)
b0040710_10332661.jpg
今 自分が接している人が、
どのタイプに属し、どのような接し方をすれば良いかを考える事で、
普段から行っている何気ないコミュニケーションを
主体的にとるきっかけになります。

通常のキャリアデザインだけではなく、
何か一つ目新しいものを盛り込みたい、というお客さまに
ぴったりの研修です!ぜひご検討くださいませ。

本研修のカリキュラムは、以下のようになっております↓↓
b0040710_1457987.png
⇒その他 詳細につきましては、こちらからご確認くださいませ!


by insource | 2013-09-24 17:42 | おすすめ研修