ブログトップ | ログイン
【おすすめ研修】OJTを行ううえで大切な3つのポイント!
いつもお世話になっております。
インソース東京本社営業部の杉下です。

寒冷身に染みる2月ですが、
実はこの時期、OJT研修がホットなんです!
またインソースのOJT研修は、
年間受講者数が17,283名にものぼる人気研修の一つ。

今回は、新人を迎える前の準備として、
弊社おすすめのOJT研修をご紹介いたします。

b0040710_14103724.gifb0040710_14103724.gif

■OJTを行ううえで大切な3つのポイント

1.OJTの意義を理解する
いざOJT担当者を任されると、
「自分の業務が圧迫されそうで不安だ・・・」
「ただでさえ忙しいのに」
と、後ろ向きに捉えてしまう方もいます。

しかし、OJTは管理職になる前のいわば予行練習であり、
組織力をアップする前向きな仕事です。
そこでまずは、OJTの意義をしっかり理解することが大切です。


2.事前準備・育成計画をたてる
ただ漠然と業務を教えるだけでは意味がありません。
OJT(=人材育成)のポイントはPDCAですので、
自立した新人を育てるためには、育成計画が不可欠です。

具体的には、
(1)いつまでに何をできるようにさせるか
(2)誰に何を指導させるか
の2点を軸に、育成計画を策定します。

特に、(2)は見落としがちなポイントです。
OJT担当者は1人で新人育成をするのではなく、
各業務ごとに指導適任者をコーディネートすることも重要な仕事です。
b0040710_14172435.jpg
3.現場における指導育成スキル
指示を出す・ホウレンソウを受ける、褒める、叱るなど
現場における指導育成スキルを学びます。
特に最近は、
ほめる・叱るが上手くできないという悩みをよくうかがいます。


インソースのOJT研修は、
OJT指導者としての役割認識や育成計画の立て方、
効果的な褒め方・叱り方を、1日で学んでいただけます!

本研修のカリキュラムは以下の通りです↓
b0040710_13414698.png
その他、詳細につきましては、
OJT研修~部下指導編(1日間)からご確認くださいませ!

また、3か月~半年後のOJT担当者向けの
フォローアップ研修として、こちらもおすすめです。
コーチング研修~基本編(1日間)
OJTフォローアップ研修~部下とのコミュニケーション編(1日間)

b0040710_14103724.gifb0040710_14103724.gif

その他にも、OJT研修に関して
多数ラインナップをご用意しております↓
OJT研修 ラインナップ
また、1名様からご参加いただける公開講座もございます。
【公開講座】OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insource | 2014-02-24 09:00 | おすすめ研修