ブログトップ | ログイン
【おすすめ研修】よくあるミスを防ぐのは、「意識」ではなく「仕組み・しかけ」!
いつも大変お世話になっております。
インソース東京本社 営業部の阿部でございます。

寒くなってきたなと思っていたら、
あっという間に年末を意識する時期になりましたね。
今年も残りわずかとなり、
次年度に向けてのご準備でお忙しいのではないでしょうか。


さて、今回は、
お客さまとの会話の中で最近よく話題となっている
“ミス防止”をテーマにお話させていただきます。

b0040710_11324837.jpgb0040710_11324837.jpg


このところ、階層・部署を問わず
以下のような お悩みの声を伺います↓↓

・日々よくあるミスだが、仕事の繁忙期となると特に大きなトラブルにつながりやすい。また、更にそれが日常業務を圧迫してしまい、悪いスパイラルからなかなか抜け出せない。

・顕在化しているリスクにもかかわらず、対策が打てていない。

そもそも この“よくあるミス”という認識自体が、
ミスにつながる大きなリスクであると言えるのではないでしょうか。


仕事の効率化やコスト削減は、今更いうまでもなく重要ですが、
これを実現するためには、
ミスを“よくあるミス”と軽く捉えずに、
認識を改めてしっかり向き合う必要があります。

そもそも、人はミスを犯すもの。
人を責めても、根本的な解決には至りません。
本研修ではそのことを踏まえ、
ミス防止のための仕組みとしかけを徹底的に考えていただきます。

 具体的には・・・
  ◆ミス防止の考え方
  ◆仕事の流れの見直し
  ◆適正なチェックの仕方
  ◆ミス防止のための仕組みとしかけ

これらの考え方を学び、
実際に仕事の中に潜むリスクを洗い出します。
重点的に押さえなければならないことは何なのか、
その優先順位を考え、ミスを防止するしくみを
仕事の手順の中に入れ込んでいただきます。
b0040710_11344549.jpg
■研修中に、職場の業務改善ができる!

職場ですぐに活用できる業務改善策を持ち帰っていただける点が、
多くのお客さまにご支持いただいている理由です!

1日間での実施も可能ですが、
職場に戻って計画を実践していただき、
その後しっかりとフォローアップ研修を行うことをおすすめします。

なぜなら、計画の進捗を振り返り
改善が成功した点については職場内で共有し、
改善が成功していない点については、
原因は何かを再度考察する必要があるからです。
再度考察して見出した改善策は、
具体的な計画に落とし込んでいただくようになっています。

一度 PDCAサイクルを研修の中で実践することで、
次のアクションにつなげ、
仕事の中に業務改善を根付かせることを目指します。


本研修のカリキュラムは以下のようになっています↓↓
b0040710_10544090.png
⇒その他 詳細につきましては、
オペレーションミス防止・事務ミス防止研修からご確認くださいませ!

上記研修の他にも、リスクマネジメント研修として
豊富なカリキュラムをご用意しております。
リスクマネジメント研修 ラインナップ

また、1名様からご参加いただける公開講座もございます↓
【公開講座】リスクマネジメント研修
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insource | 2013-11-27 12:17 | おすすめ研修